富田林寺内町のショップでじないまち古書散歩が開催されます。

book_banner.jpg

ご来場ありがとうございました!

-じないまち古書散歩 無事終了いたしました-

じないまち古書散歩にご来場、
ご参加いただいた皆さま、ありがとうございました。

青空に恵まれた、今年の古書散歩は
夏を思わせるような日差しが降り注ぐ
そんな暑い一日でしたが、本との出会いを求めて
じないまちめぐりをしてくださったお客さまがいらっしゃったり、
旧万里春酒蔵では、一日本屋さんを楽しんでおられる出店者さんがいらっしゃったり、
本当にありがたいことだなぁと感謝いたしております。

一箱古本市会場である酒蔵は、この日
外気とは違い、ヒンヤリと気持ちよかったようです。
IMGP7045-2.jpg
本がお好きな方々や箱主さん同士の交流も楽しみの一つです。
あちらの箱、こちらの箱と行ったり来たり。
IMGP7009-2.jpg
本好きであるがゆえに、他の出店者さんから
また新たな本を買ってしまう…という声も。
一つの会場内だからこその楽しみと悩み…。
IMGP6998-2.jpg

会場の一角には、すこし一息ついていただけるコーナーも…。
IMGP7006-2.jpg
IMGP7001-2.jpg
IMGP7000-2.jpg

一箱古本市以外にも、いろんな会場が。
展望広場の読み聞かせ。
IMGP7034-2.jpg

ご婦人乃宿 泊やさんでは事前にアンケートを取った
じないまち店主の好きな漫画を紹介。
IMGP7051-2.jpg

同時開催の端午の節供の飾り付けも。
IMGP7024-2.jpg

普段は非公開の田守家の土間には
このような飾り付けをして、この日だけ特別公開も。
IMGP7018-2.jpg


本好きのヒトビトがゆるっと集まり、のんびり楽しめる・・・
そんな、じないまちらしいイベントになったのではないかと思います。
IMGP7008-2.jpg
そして、何事もなく無事にイベントを終えることができましたのも、
お客様や一箱参加者さん、その他の関係者の皆様の
ご理解とご協力があってこそです。
本当にありがとうございました!

***お知らせ***
一箱古本市会場で忘れ物がありました。
紺色の柄のはさみです。
お心当たりのある方は、
23番地. http://23-banchi.jugem.jp/(п@0721-26-2500)
までご連絡くださいませ。

2016年05月15日

posted by じないまち古書散歩 at 23:18 | 一箱古本市@じないまち古書散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

いよいよ明日です

明日5月14日(土)
「第6回 じないまち古書散歩」が開催となります。

IMGP6977.JPG
この(↑)旗が、入口の目印である
旧万里春酒蔵では、
一箱古本市(出店者さんのご紹介は、コチラ)と、
おいしい飲食ブースが並びます。
あやかしcoffee  ・いちご畑の米夢ちゃん
菓子屋ici ・天然酵母食パンCUBE

P5117236.jpg
このような(↑)道しるべが
じないまち内、約10数か所にありますので
酒蔵までの参考になさってください。

じないまち展望広場では
おはなしの会さんによる「おはなし会

この日だけの特別会場として古本を販売するのは
ギャラリー小田家
青々堂
富田林の家

じないまちの各店舗でも
古本を販売する店々 → コチラ や
関連企画展を開催する店々 → コチラ

などなど、いつもとは違った
じないまちをお楽しみいただけます。

天気予報では、
少し暑くなりそうですが、いいお天気となりそうです。
古本を探しに来られるもよし。
街を散策されるもよし。
また、同時開催の「端午の節供」の飾り付けを楽しまれるもよし。

大阪とは思えない街並みが続く
富田林寺内町(じないまち)へ足をお運びいただければと思います。





2016年05月13日

posted by じないまち古書散歩 at 09:00 | 一箱古本市@じないまち古書散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

OnlineShop日和(ヒトハコさん)

hiyori.jpg

■店主さんからのお店PR■

日頃はOnlineShopで作家さんのうつわや食卓まわりの雑貨を販売しています。
地元寺内町は大好きな町で
昨年に続き2度目の参加です。

うつわのお店らしく、お料理をメインにした本や、
我が家の本好きの子供たちが少し前まで読んでいた
男の子向け、女の子向けの本を見ていただきたいと思っています。

おしゃべりが止まらなくならないように気を付けていますが
是非よってください。
子供の話、料理の話、器の話、いろんなお話を聞かせてください。
…・・本も見ていって下さい!!

HP:http://utuwa-hiyori.com/
ブログ:http://ameblo.jp/utuwa-hiyori
FB:https://www.facebook.com/utuwahiyori/

2016年04月20日

posted by じないまち古書散歩 at 20:19 | 一箱古本市@じないまち古書散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

端午の節供 −田守家特別公開−

IMGP2515-2.JPG








5月14日(土)に開催される、「じないまち古書散歩」。
当日は、「本」をテーマにじないまちのあちこちでイベントや本にまつわる展示や
一箱古本市が開催されるのですが、同日に5月の祭事、
「端午の節句」の飾り付けをして特別公開してくださる
町屋がありますのでご紹介いたします。

田守家は江戸時代中期に建てられ、旧杉山家に次ぐ古い年代の
建物だそうですが、いま現在も第十六代当主とご家族が住んでおられます。
もちろん、普段は公開はしておられません。

ですが、以前からじないまちの催しに度々ご参加いただいており、
玄関脇の見せの間を、端午の節供の飾りつけをして展示・公開してくださいます。

普段は見ることの出来ない町家の土間が公開されますので、
町家めぐりがお好きな方は、この機会をお見逃し無く。

2016年04月17日

posted by じないまち古書散歩 at 23:30 | 一箱古本市@じないまち古書散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ガンバしょてん(ヒトハコさん)

■店主さんからのお店PR■

絵本を中心に出品します。
本人とイメージが違う書店を目指し、がんばります。

2016年04月11日

posted by じないまち古書散歩 at 00:00 | 一箱古本市@じないまち古書散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マダン(ヒトハコさん)


■店主さんからのお店PR■

以前、寺内町の入口にあった韓国雑貨の店、マダンを覚えていますか。
そのマダンがこの日1日だけ、古本屋として復活します。
マダンとは韓国語で庭、広場の意味。誰もが集まって楽しく話ができる場を目指しています。
得意な韓国関係本をはじめ、旅の本や小説など多様な品揃えと楽しいおしゃべりで
皆さんをお迎えします。ぜひお立ち寄りください(^-^)

2016年04月11日

posted by じないまち古書散歩 at 00:00 | 一箱古本市@じないまち古書散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

かすてら堂(ヒトハコさん)

■店主さんからのお店PR■

まいど、かすてら堂です。今年も少量ですが、参加します。
絵本雑誌、語学本(英語、中国語)、小説、最近話題の本も
いくつかご用意してますので、お気軽にお立ち寄りください。
新たな世界と素敵な出会いがありますように。

2016年04月10日

posted by じないまち古書散歩 at 00:00 | 一箱古本市@じないまち古書散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

つぐさんず(ヒトハコさん)

■店主さんからのお店PR■

写真撮影に寺内町へお邪魔して、23番地さんで催しの張り紙を発見し、詳細を伺いました。
ただいま我が家はリフォームに向けて持ち物整理中、まさに渡りに船です。
料理本の他、数十年前のL.L.Bean英語カタログやBass pro shopsのガタログ、
雑誌「銀花」など、レア物多数です。

2016年04月10日

posted by じないまち古書散歩 at 00:00 | 一箱古本市@じないまち古書散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

いっさ堂(ヒトハコさん)

image.jpg

■店主さんからのお店PR■

フランス&沖縄好きの【いっさ堂】です。
ジャンルはお菓子、旅行、語学。現地で買った本もあります。

2016年04月09日

posted by じないまち古書散歩 at 00:00 | 一箱古本市@じないまち古書散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

連鎖堂書店(ヒトハコさん)

連鎖堂書店ロゴマーク.jpg
■店主さんからのお店PR■

一箱古本市の参加は二回目ですが、初回で本を売る面白さ楽しさに目覚めてしまい、
意気込んで参加しております。中野翠、穂村弘、土屋賢二など、
肩がこらないけど深く面白い本を並べたいと思います。
 本の集まりでは、主にビブリオバトルで活動しています。
ビブリオバトル面白いですよ!

サイト:www.facebook.com/t.t.wakita

2016年04月09日

posted by じないまち古書散歩 at 00:00 | 一箱古本市@じないまち古書散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする